「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

DIYコーナー 戻る



 ノートPCのHDDの老朽化対策(クローンコピー)

今持っているPCの中でも古いノートパソコンがあります。これは年

期の入った機種でHDは250GBなんですが、愛着というか、なんて

いうか、ここにきてWINの立ち上げに時間が掛かったり、SYSが上が

らなくなったりで一度、WIN10の再インストを実施。SYSには問題

がないがHDも老朽化に入り、シャカシャカって異音も聞こえたりでい

つ壊れてもおかしくない状態。HDDの交換に同様の250GBを探す。

今時、ひと昔前のHDDは容量の割には高い。いまはTBが主流、GB

なんて骨董品かも知れませんが、ようやく適度な遅さのHDを見つけて

購入する。あまり処理が早くても昔のPCではバランスが壊れる。

また、HDDを簡単にコピーするソフトはいくつもあるのだが、機材で

そんなものがあればと探していたら、古いHDと新しいHDを左右に

つないでボタンを押せばデーターだけでなく、今は簡単にWINのSYS

もそっくりクローンコピーできる。これ1台で2.5インチでも3.5インチでも

簡単にコピー便利な時代だ。いちいち、PCソフト上でデータのやりとり

をせず、だいたいコピー時にはPC接続をしないで左から右コピーする

機械。すごい楽だ。PC上だと何かと聞いてきてそれに対して入力や

確認が必要だが、これは何もしなくてOK.

昔はHDフォーマットしてWINDOWS入れて、アプリケーションソフトを

入れるんだが、シリアル番号がわからなくなってたりで、まさに1日がか

り。そんなこんなですぐに新しいHDをノートに入れて立ち上げ完了。

静かだ何も音がしない。パスワードも入れずにそのまま全部クローン

コピーが可能。

近未来は人間もクローン化できる技術が確立してきているが、自分が

もう一人居たら便利かな、子供の頃に考えた。

コピーが学校に行ったり、働いたり出来れば毎日楽なんだろうとか

しかし、コピーも馬鹿じゃない。なぜ、自分だけが大変な方をやるんだ

いっそのこと、本物が抹殺すれば自分が本物。

いつのまにか、コピーに入れ替わり、本人になりすます。

まさにクローンだけに見分けがつかない。そうしてすべての人間か

クローンで生まれた人間に入れ替わる。

そしてクローンがまた、クローンを再生する。

そうするとどうなんだ。クローン2世、3世?想像ができない。

さて、寝るか・・・。え、あなたは本物?、

既にクローンになってたりして・・・・





 網戸の張替え の巻き

毎日、暑い日が続き外でのDIYもお休み。

そこで今日は部屋で出来るDIYを探すと、2階の部屋の網戸が

古くボロボロになっていますので網戸の張替を行いました。
差ほど難しい作業ではないのでざっくりに紹介。

古い網戸の周囲を固定しているゴムを外すと簡単に取れます。

取ったら新しい網戸を乗せて周囲をクリップで固定してゴムを

入れていく。
専用のゴムを挿入する回転ローラーで押さえつける。

網戸を引っ張りながらローラーを押し付けながら入れる。

それが出来栄えを決める秘訣ですね。


また、網戸の張りが弱いようならばもう一度ゴムを外して再度

やることで簡単にやり直しができます。
ゴムの固定が終わったら余った周囲の網戸をカッターで

切っていく。カッターの刃は可能な限り新しい刃が作業しやすいし

きれいに仕上がります。
涼しい部屋で網戸の張替が完了。

今回はグレーの網戸と黒の網戸を買って張替しました。

黒にすると室内から外が良く見えると写真がありました。

では外から中も見えるのでしょうか?

ま、2階だから下からは見えないので問題はないでしょう。

そんな訳で網戸の張替は簡単なのでついぎりぎりの交換に

なってしまいます。
DIYのご褒美に札幌にある純連のラーメンを昼ごはんに。

息子が中2の時にバイクで北海道を廻り食べたことを思い

出しました。

やはり本物とは違いますが、その雰囲気は十分感じる事ができる

ラーメンでした。でも羽生にある大雅ラーメンは純連の流れを受け

継いでいますもので身体が欲しくなると2時間かけて食べに行きま

す。

でもそろそろ、札幌に行って純連とすみれを食べ比べたいなー。

あれ、網戸の張替からラーメンの話題になってしまった。