「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

ぶらり探訪


平成29年6月10日(土)
 大宮駅東口 カフェ&デリ 伯爵亭 


NHKの地上波の番組に「72時間」というドキュメンタリー番組がある。

内容は対象となるその場所に来訪者が72時間の中で様々な理由で訪れるが、その人間模様が奥深いのが番組の取り上げている
特徴でもある。
その番組で取り上げていたのが今回、伺った伯爵亭だった。創業は昭和50年、老舗の喫茶店として誕生をしたのだが
客からの
要望でどんどんメニューが増えて現在、300種類あると番組で紹介をしていた。この店は24時間営業しており、モーニングやランチ
など時間で各テーブルのメニューを変えていきます。


お店のたたずまいは昭和の香りが漂う純喫茶風だが、昼は食事にこられる方が多い。中でも定番メニューに懐かしのナポリ
タンやオムライスはまさに昭和の味を保っており、この味を楽しみに何十年も通うファンも多い。

いつか家内と行こうと決めていたがようやく、2人で店に行くことができました。

天気予報では30度くらいになると言っていたが、さすがに予報通り大宮駅を降りて人ごみのなかを歩くとさすがに暑い。

・場所は大宮駅東口より徒歩5分でラクーンから30m 住吉通り沿いに位置します。

店は昭和の雰囲気が漂う店構えで混雑する時があるので表には待つための椅子が

適当に置いてあります。


雑然さが昭和そのものでもあります。
店の入り口には今時は見ないガラスのケースのショーウィンドゥには商品サンプル

が展示していますがメニューというよりもたたずまいの歴史を演出しているように

も見えます。

入るとすぐに昭和の純喫茶だと分かるでしょう。昭和にタイムスリップしたような

落ち着いた店内の雰囲気は当時からあった調度品と相まって全身を包み込んで

くれるような安心感を感じました。


入店は10時50分で11時までがモーニングメニュー、11時からはランチメニューに

なる時間帯でまだ少々、空いている席があるかなーって混みようでした。。
やはり、昔懐かしいナポリタンセット、サラダとスープがついて850円、それにア

イスコーヒーが200円でした。良心的です。

ナポリタンの味は自分が若い頃、食べていたナポリタンを思い出させてくれる

まさに懐かしの味、濃厚なケチャップソースにやわらかくなるまで茹でたパスタ

だが、この店の特徴としては具としてイカや豚肉、ニラが入っていた。量的にも

ボリュームがあり、これを食べると満腹でデザートが入らない。



入店時は半分くらい席が空いていたが、その後、あっと言う間に満席になった。

そんな訳で店内の写真は撮れなかった。

ただ、椅子やソファーは重圧な感じで何時間でも疲れない椅子で、さすがに24時間

対応可能でくつろげる事が容易に想定できた。
各テーブルの仕切りには年代物の木でできた調度品のようなものがある。

表面がひび割れているので誰が見ても出来た当時から店の歴史と共にある事が

よくわかる。


メニューを見るとなぜか、沖縄料理や沖縄そばなど、え、沖縄の関係の店かと思

わせるように沖縄のメニューがある。また、純喫茶なのに焼き魚定食や、そば、

うどんなどのメニューもある。当然、純喫茶らしい飲み物やデザート系もレパート

リーは豊富でカクテルや酎ハイ系のドリンクなど夜は居酒屋かって感じのメニュー

もあり、貸し切りで宴会もできるようだ。

何でもできる万能な店でこのような店は見たことがない。

この店は何度も足を運ぶことでもっとこの店の良さが味わえるのではないかと

感じたし、今度は懐かしのオムライスセットを食べようと思った。