「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

七福神巡り 戻る



平成30年1月7日(日)

古河七福神めぐり (七難即滅 七福即生)


正月が開けると七草がゆを食べた事を思い出し、あ、昨年は古河の七福神めぐりをした事を昨日思い出し、調べたら明日が開催日

そんな訳で今年は車を実家に停めて参加しました。副題に7000歩で歩ける。とありましたが今年は大変参加者が増え、1か所40分

並んだ場所もありましたが天候に恵まれ風もなく、さほど寒くもなく七福神を巡ってまいりました。

今年も皆様にご利益がありますよう。



  

今年の七福神のスタンプを貰う台紙は昨年と違い古河駅西口駅前より

数分歩いた「おまつり広場」で販売をしていました。

台紙:200円です。


  
現在:9時少々前。昨年よりも参加者が多いようです。

ま、時間で回る訳でも順位が目標でもない。

自由でいいね。


スタッフの方に台紙代の200円を払います。

今日は混むぞーとばかりに早めにスタートしました。

昨年歩いているので頭に道が入ってます。

ま、地元ですからね。

最初は毘沙門天の秋葉神社です。

わぁーやはり、人が多い。
境内の外まで並んでいました。

ここは甘酒につきたてのお餅のサービスがあるので他よりも

混むのかもしれません。
すぐ隣は弁財天の大聖院あります。

ここも秋葉神社よりも混んでいました。

混む理由はなんだろうと観察をしていると混む神社は

お賽銭を入れる為に1、2段階段がある場所はどうしても

階段を上がりお賽銭を入れ、下に降りてからお願いをする。

賽銭箱が下であれば混まないのになー?かな。




次は大黒天の神明宮です。

次に回ったのが恵比寿様を祭っている蛭子神社です。

福禄寿の三神町稲荷神社です。

そうそう、七福神めぐりでは多くの方が大きめの手提げを持っています

台紙がA3の大きさなので手で持って歩くには少々邪魔になる。

袋に入れておいて押印時に袋から出し入れすれば台紙が折れたり

しませんからね。
弁財天の正定寺です。

弁財天も肩を凝るのでしょうか?

それとも「こんな所にゴミが・・・」

そんなわけないですよね。

ふざけた事を言えばバチが当たります
境内に入ると行列が・・・

何やらここの弁天様は春日局が将軍家光から拝領したものを

古河城主だった養子の堀田正俊にゆずり、正俊が弁天堂を建て

正定寺に奉納したことの事。なるほどです。
立派な銅像がありました。

ひとつは堀田正俊古河城主でしょうか。

銅像を見てもいいでしょうか?

どうぞう。(銅像だけに)


だからそんな冗談はダメだって。
寿老人の福寿稲荷神社。


弁財天の徳星寿です。
大黒天を待っている瀬下様宅です。ここだけ民間の方の庭に

あります。今回はここが一番混んでしてお参りするのに45分位

かかりました。

ここが一番遠い場所なのでここから回るのもありかも。
布袋尊の諏訪八幡神社です。

ここが最後の場所でした。

布袋尊の石像です。

今回?変わったのは全部回ると最後に中央に地蔵様の可愛い

判子を押してくれます。

そして全10か所を廻ってまいりました。

これですべてのご利益があるのかなと期待したいです。

7000歩で2時間で回れるとの触れ込みですが、今日みたいな

イベントの中では3時間は掛かります。

それでも3時間で回れますので歩きINGをやると考えれば充実した

内容になるのではないでしょうか。

また、来年も行ってみようと思います。

何しろ、今日からNHKで「西郷どん」がスタートします。

撮影は一部でしょうが古河の桃祭りの会場の南側にある旧民家で撮影を

していたので古河が熱くなりますよ?

3時間歩き、時間を見ると13時に近い、お腹も空いたので七福神カレー

をやっているお店のひとつ古河駅東口ロータリーの所にある中華料理

喜楽飯店で「古河の七福神カレーめんを頂きました。
七福神カレーめんです。

麺は細麺で七種類の具材が入っている。また、焦がし(古河市めし)

なのか、ごはんの焦がしも色合いや洒落としては面白い。またスー

プはカレーが前面にでないマイルドな味だった。万人向けかな。

ただし、個人的には麺の量が少ない気がしました。その分野菜や

具などが豊富だとは思うが、何が主役なんだろう。

麺かスープか、いやいない。総合的なまとまりはあるが麺かスープ

に主役を任せればまた、食べたいなと思わせるラーメンになるので

今回は75点って感じだろうか。


七福神巡りも楽しいがやはり七福神カレーの各店を制覇したい

と思う。


何度行っても新しいものを発見できる場所かも知れません。


今回は2回目の古河七福神めぐりでした。昨年は細かな情報を入れ

た記事を掲載していますのでご興味がある方は昨年の記事をご覧

頂ければと思います。


七福神巡り 戻る