「中ちゃんですが何か」本舗 トップページ

DIY コーナー 


浴室床の張替え(東リ バスナフローレ 浴室床材) 


家も建てたばかりは良いが、古くなれば傷んでくる。あちこち修繕や交換が必要になってくる。毎日使用する風呂場は特に傷みや
汚れやすい。特に夏はカビが生えたりする。

今回は自宅風呂の床を今までタイル仕様で最初は良いがカビは生えたり、目地が割れて水が入り冬は凍ってタイルを持ち上げ更に病気が
広がるようにタイル全体が傷んでくる。また、冬はタイルは冷たいので何とかならないかなーって考え、ネットで東りと言うメーカーがいいものを作っており、床材だけでも購入可能。よーし、暑いうちに直すぞー!。てなわけで修理開始。


・例のよってすべてのタイルを剥がした後に、あ、また写真を撮るのを忘れてしまい

WEBを探していたら東りさんのHPより借りました。まさにこれと同じ仕様の床でした。

我が屋は10数年前に風呂を長府給湯器のユメリアを入れました。

これは簡単に言えばユニットバス方式で床の下はステンレスなので水が下に漏るような

構造ではありません。しかし、目地がひび割れて水がタイルの下に入るようになると瓦せ

んべいのように目地がどんどん割れていくのです。
・タイルをぜーんぶ外してステンレスの床が出てきます。

とりあえず接着剤やコーキング剤がステンレス床についているのでグラインダーで一気に

表面を研磨しました。それなりに光り輝きます。
・この風呂床は今までタイルの下地に骨組みのようなものがひいてあり、その上にタイル

を乗せて張り付けをしてありました。まずは高さを合わせないと水が流れる排水溝周囲は

ヘリがたっているので水が流れるようにするには8mmくらい床面を上げないとならない。

そこでホームセンターでゴム板は3mmのゴム板を2枚分購入して風呂床寸法に合わせて

カットした。

・カッターは十分注意しないと手を切ってしまいます。特に力を入れて引く時が注意です。
・同じものを2枚作ったらノリで貼り合わせです。

手が汚れるので100均の刷毛かなんかで塗ります。

手が汚れてカメラがさわれないので接着剤の写真は撮りませんでした。


・これが噂の「東り 浴室用床材 バスナフローレ」という商品名の床材です。

これは表面加工しているので水はけがよく、また、滑りにくい模様構造、冬でも足元が

冷えない床材です。弾力性があり、カッティングもカッターで簡単に切れます。

2枚貼り合せたゴム材の上にこの床材を張ります。

・わかりずらいのですが張り合わせた床材は雨の当たらない外に出し重しをのせて数日

乾燥するまで2から3日置きます。このベンチの下に貼り合した床材が押さえられています。

しかし、何の写真だかわからない。

・タイルを剥がしたステンレスの床ではすべりやすいのでこーんなマットをひきました。

この状態で1週間、風呂に入ってました。特に問題はない。
・ここまでで既に1週間が経過しました。

マットを一度ひいて細微の寸法合わせを行い、寸法的に合わない場所はカットします。


3枚貼ると重さでゴムが広がって左右の合わせがずれたりしますので結構調整が必要

でした。
・接着剤を全体に塗って1時間ほど置きます。
・いよいよ上に床を乗せて床と接着剤がよく接合できるよう麦踏の要領で床材の端から端まで

歩きます。結構体重が重いので接着にはベストかな。

床材が接着できるまで時間がかかるのですぐにこの床での使用はできません。

3時間くらい放置、真夏なので外気は今日は35度、室内でも30度近くはあるかな。

床材の周囲にコーキング剤で防水をして床材の下に水が入らないようにします。

その為にはマスキングテープでコーキング剤がはみ出しても取れるように養生します。

養生したらコーキング剤を流し込みます。

周囲の厚さが8mmなので中までゆっくり流し込みます。

更にあと1週間程度はかかるかな。

完成は7月22日くらいかな。
・今日から洗い場のコーキング剤が乾くまで数日、当面はビジネスホテルのように

風呂の中でシャワーを浴びるように100均でカーテンと突っ張り棒、シャワーを引っかける

吸盤のようなものを仮で固定。また、排水溝から髪の毛が流れないように排水溝にゴミ取り

も100均で調達しました。
・当面はこんな感じで入りました。

あ、床材の上には養生シートで覆って防水が必要です。

まだコーキング剤が乾いてないので養生シートはしてません。

1週間養生して乾燥させたつもりですが、養生シートをはずしたら既に床は水か

回ってきており完全に防止する難しさを感じました。

ま、とりあえず乾燥はしていたので良しとしますか。

マスキングテープを外してコーキングのはみ出し部分をカッターで切り取りコーキング

が不足の部分には更にコーキングを増やしておきました。

とりあえず完成です。

業者に依頼をすると工事費込みで10万円くらいですかね。

東リ バスナフローレ 浴室床材 ビニル床シート 3.5mm厚 1820mm幅 の

ものを使用、10cm単位でネットで注文、今回は1m購入しましたので

10800円(10cmで1080円×1m)、下に引いたゴム板2000円、接着剤やコーキング

マスキング材、突っ張り棒やカーテンなどで4000円

今回のDIYは総額 約17,000円ってとこでしょう。