[中ちゃんですが、何か」本舗

DIYコーナー に戻る

キューブ ホーン交換の巻


日本では意外と鳴らさないホーン。私も例外でもなく、先日久々に鳴らした。

国道を走っていたら側道から車が出ようとしていた。

慌ててホーンとブレーキを踏む。

「プー」 ,なんとレトロ風なやさしい音なんだ。

おいおい、緊急時にその可愛らしい音はないだろう。


やはり、緊急事態ではバシッとした音で一発やらないと相手の威嚇にならない。

こちらの本気度を伝えないとダメダメ。

よし、交換だ。

ネットで調べて今は音色までWEBで聞けるから選択しやすい。

事前に「ネットで注文、モノタロウ」 では頼んでません。

何でもアマゾン、宅配便の方が大変なのわかるなー。

とりあえず、グリルを外してと可愛い音のホーンを探す。


助手席側の前にラッパのようなでんでん虫のような形。

純正ホーンの取り外し。
でんでん虫を外してと・・・。

あ、ホーンが1個しかないから配線も1個か。


今度のホーンはミツバ製のもので自分が20代の頃にミツバの電子ホーンが好きで付けていた。

当時の電子ホーンは余韻がいつまでも残っていたり、他にモーモーってなく、モーモーホーン

ホーホケキョってなく鶯ホーン等、色々あったな。切り替えで数種類、鳴いた。

ま、昔は配線はそのままで別に配線をして追加したホーンを鳴らしたな。

長めのレバースイッチで下げている間だけON、離せば元に戻るタイプだった。
まさか、この年齢になってホーンを付け替えるとは思わなかったが、このミツバ製アルファーUは

Webで聞いたけど今とは比較できないほど自己主張してくれるサウンドで、車検の基準にも適合

している製品だと書いてあった。
ネットでは専用の配線セットなどがあるようだが自分は昔から自作で対応。

今回の場合はプラス側がショートしないようにとホーン接続コネクターが外れないような対策

がポイントかな。特に車は振動があるので配線の固定やコネクターの抜け防止対策が

しっかりできないと必要な時にホーンが機能しない。これは最悪です。


配線の写真を撮るまでもないプラス側は二股用に渡り配線で、マイナスが車体からそれぞれ

マイナス用配線を接続し完了。


転席側にも助手席と同様の固定ネジ穴があったので左右対称にでんでん虫を取付した。

灰色って感じなんだけど取付けると白く見える。


配線の固定やコネクター抜け対策もしっかりやった。
フロントグリルを嵌めて完成。

試験的に鳴らしてみたが、中々、良いです。

これくらいの自己主張、大人らしい音?になったかな。

少々、「おい、おい」って感じの音かな。

気になる方が付けてみるといいです。

ホーンは3000円程度だからある意味、気分を変えたい方はいいかな。

中にはレクサスやクラウン、ベンツなんかのホーンも販売してるので

ホーンだけ高級車の雰囲気を味わうのもいいかな。こちらは結構お高いですが。

そんな訳で取付完了。

何かあれば多少、大人の対応で「ぴーっ」と一発。

ま、車が可愛いから、いかつさはないですがね。