「中ちゃんですが何か」本舗 トップページ

DIYコーナー


プラスチック障子の張替え

毎年、障子貼りをする時に障子の紙が強ければしばらく張替しなくて済むのにと思いつつ、ホームセンターにいく。
え、「プラスチック障子紙」を発見。貼り方で違うのはノリの代わりに両面テープを使うとくらいのようだ。早速、やってみた。

・まずは今までのノリが付いた障子を水で洗い流しも兼ねて水道で思い切り水を

掛けて今までの紙を剥がしながらノリを取り除くという手順。
・もう、障子のサンに染みこむくらい何度も水を掛ける。

時間をおいて何度も水をかける方がはがれやすい。
金属のへらや物差しなどで障子紙を剥がすとやりやすい。

ノリのついている部分も十分こすりながら取り除く。
特に障子紙をきれいにはがすにはていねいにゆっくり進める事です。

慌ててやると残ってしまうところがあります。
障子紙を剥がしたら十分、乾燥させましょう。

私は剥がしてから1日おいて翌日に貼りました。

部屋に平らにおける場所をつくり、障子の骨組を置きます。

常識的ですが、間違っても裏側に貼らないように。

貼る面を上にしておく。
いよいよ、障子紙の貼る位置でここが重要なところです。

まっすく貼るには上下どちらかのさんに合わせて障子紙の仮止めを行います。
次に縦方向に両面テープを張っていきます。

縦を貼り終えたらしっかり両面テープが木枠についているか更に手で圧着する。

その上で両面テープの反対側をはがす。

縦が終わったら横方向も両面テープを貼る。

同様に手で圧着をして反対側の両面テープを剥がす。
次に仮止めした障子紙が引っ張りながら障子紙を広げていく。

広げ終えたら手でさんの部分に障子紙を抑えるように圧着する。

そして周囲を物差しや専用冶具とカッターで切る。

そうすると簡単に障子紙が貼れます。

この紙はプラスチック製なので破れにくい特性があり、寿命がどれだけ持つのか

楽しみです。ノリと違い両面テープは手が汚れませんし、周りにたれたりする事も

ないのでよいかも。また写真ではわかりにくいのですが以前より明るくなったような

気がします。ま、新しいからかもしれませんが。UV対策もあり、密閉性も高いし、保温

もすぐれ、破けないと言うのがうれしいですね。

「中ちゃんですが何か」本舗 トップページ

DIYコーナー