「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ



洗面台の水漏れ対策(パッキン交換) 部品代全512円也

・今年の目標のひとつに水道のパッキン交換あげたのだが2月も半分終わる

のに何もしていない。急遽でもないが今日は気温も暖かいのでコタツでじっと

している習慣を変える為にも行動・行動。

今回は一番簡単そうな洗面台のパッキン交換をします。

洗面所は今から10年前に家を引き舞いをした時に洗面室全体をリフォーム

して入れたもので今まで交換はしていない。

最近、使用後にきちんと蛇口を閉めないと水がポタポタと落ちる時がある。


中にある「コマパッキン」の弾力が無くなっているのがなんとなくわかります。
蛇口を分解するには水道の元栓を止めるか、シンクの下にある水と温水のバルブ

を閉める。これをしないでやると分解した途端に室内噴水ができます。まるで水道の

水漏れのコマーシャルみたいになるので閉めた後に蛇口を開いて水がでないことを

確かめてから分解します。
まずは水道の上部の脇にある穴に精密ドライバーを刺して丸い化粧蓋を

外します。
化粧蓋は小さいので落として排水口に落とさないように排水口に何か蓋を

しておくと良いと思います。もし落としてしまえば下の排水管まで分解する

ことになります。段取りは手を抜かないことが上手く仕事を進める秘訣です。

DIYは特に「急がば回れ」です。
化粧蓋を取るとプラスのネジが見えます。

このネジを外します。

蛇口を外すとこのような状態になります。

スピンドルのユニットが見えます。
次にスピンドルユニットの外の部分にモンキーレンチを掛けて回すと簡単

に外れます。


左側の筒の外に1つ、内に1つオーリングパッキンがあります。

今回分解したら内側のスピンドル上部のオーリングパッキンが切れて

いました。OリングがCリングに・・・。(笑)

また内部の真鍮のスピンドルユニットには2つのパッキンがあります。

この4つを交換する訳です。
一番左から

水栓ゴムパッキン PP12A 138円

補修Oリング PP50−18  158円

補修Oリング PP50−10A 108円

補修Oリング PP50−9   108円

以上、512円でした。

スピンドルにパッキンを付けた。


筒の内側に切れたパッキンの交換と外側のパッキンを交換する。
組み上げたOリングパッキンのユニットを元に戻す。

組み上げていく。

元栓を開く。
これで洗面台の水漏れ対策は完了です。

蛇口の閉め具合が変わりました。

今までは蛇口を閉めると閉まる寸前に固くなる。そこから更に力を入れて

閉めないと水が漏れました。しかし、今回ゴムが新しい為に閉めていくとゴム

の圧縮されながらきちんと締まる感覚っていうのかな。

指先にゴムの閉まる遊びの部分が多くなった感覚があります。

最初はこうだったんですね。

ちなみに業者にお願いすると「コマパッキン」「スピンドル」交換、「出張代」など

で5000円位は掛かると思います。自分でやればなんと512円でした。