「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

「なんでもDIYコーナー」 戻る

 「HIDバルブの取り付け」 キューちゃん号       

平成27年12月13日(日)

昨日、車検に出して戻ってきたキューちゃん号。

今日はHIDバルブへの交換(車検前に付けてあったHIDの

回路に戻す作業です。)

中々、なんでも写真を撮ったりしなかった時なので以前の内容

は残念ながらありません

このライトは本来、純正キューブについているハロゲン球の

光りです。

色的には黄色みがかった感じです。


車庫もこういう角度で撮ると直線的でいい感じの屋根に仕上

がっているかな?


今回、新たに用意したH4 35W 6000K HIDバルブ

(SEIKO社製)です。

HIDバルブってなんだ!っていう方の為に。


HID(High Intensity Dischage)ランプで、車の12V

の電圧を約23000Vまで高電圧にバーナー内の両極間に

アーク放電しキセノンを遊離させ超強い光を生じさせます。

高輝度放電ランプの純正のハロゲン球(通常55W 1000

ルーメンの光りに対してHIDランプは35W(約40%の節電)

でありながら3500ルーメンの強い光を生じます。


今回付けたものは6000ケルビンの発光色で(真昼の白い

日差しに近い)の色で安全性、視認性の向上につながります。

ま、省エネと安全性対策です。但し、ケルビン数が高くなると

雨の日には路面がみえにくい(以前に9500ケルビン使用時)

難点もあります。

この6500ケルビン使用感想は後日レポートします。

 

既にHIDの機器はかなり前に取付け済みですので今回

はHIDバルブへの接続についての説明です。

この機械がHIDのバルブを発光させるユニットです。


最初に純正のハロゲン球の取り外しです。

まずはハロゲン球に接続してあるコネクターを外します。


コネクターを外してコネクター周りについている防水対策

用の丸いゴムリングを外します。

そうするとハロゲン球の接続端子が見えます。

そこに金属で出来たバネ式の固定用のストッパーがあります。

そのバネを指で内側に押しながらそのストッパーを手前に倒す。

このバネが外れたらあとはハロゲン球を取り外します。

これが取り外したハロゲン球です。

次回の車検までおやすみです。


HIDバルブの取り付けです。

バルブは半月状の金属ケースに入っていますので

このまま取り付けます。

取り付けは簡単でハロゲン球と同じように戻せばいいのです。
取り付けはHIDバルブの周囲に3箇所突起が出ています。

この突起と車のライトを固定する所の溝に合わせ挿入します。


外側から見ながら挿入するとわりと簡単に位置がわかります。

HIDバルブを挿入後にバネ式の固定金具を戻して完了です。

確実に固定できたのか、HIDバルブを動かしてみて確認を

します。確実についてないと故障や走行中ライトの光が揺れ

て視認性低下や前方走行車、対向車に迷惑になりますので

確実に固定金具の具合はみましょう。「固定具、よーし!」


次に防水用のゴムキャップに接続ケーブルを通す。

ゴムキャップは元の場所に固定する。


HIDのコネクター3箇所に電源供給の接続プラグにつなぐ。

外れ止めが掛かるまで奥まで差し込んでください。

ハロゲン球が接続していたコネクターのこちら側は使用

しません。絶縁テープを巻いて防水対策を施す。

端子へのゴミの侵入や水分によるサビ防止兼ねます。

次に反対側の取り付けです。

1箇所だけ新たな接続が増えるだけで難しくはありません。

手に持ったコネクターにハロゲン球に差していたコネクター

を接続します。このコネクター接続により車の12Vの電源を

HID本体に供給する入口です。

コネクターは最後まで押入して接続します。

反対側と同じ要領でHIDバルブを取り付けます。



最後にHID電源のユニットを固定します。

車両フレームの裏側など空いている場所にインシュロック

で固定すると確実です。


銀色の太い線は「アーシング」対策のものです。

これもDIYのひとつです。

この説明は機会があれば別途。
交換前のハロゲン球 55Wの明かりです。

下目の状態です。「あったかぽん」って感じです。

ごく普通の雰囲気です。









これがHIDバルブの35Wの明かりです。

こちらも下目状態です。少し怖い感じかな。

色は白が強いライトになりました。

夜間走行すると違いがわかります。

そうそう、HIDバルブは以前付けていたものが切れて

新たにバルブだけ買いました。2個セットで1700円

安全性や視認性向上の値段だと考えれば安いです。

これでキューちゃん号は少しは安全性が高く無くなった

かな?

またこれを戻すのは2年後の車検の前かな。

ちなみに6000ケルビンのHIDであれば車検問題ない

みたいです。なんとなく純正でないので車検に出して

その場でNGだと交換も大変ですからね。

さあ、これで夜も安心安心。いいかげんじじいになって

きたせいか、夜が鳥目のようで見えにくくなったような。

人間も老朽化していくんですねー。それも部品交換できない。

車のように悪い部品が交換できれば人間も楽なのに。

シワやシミができれば全塗装。内蔵が器官が悪ければ

新しいものと人間ドックで交換なんて・・・

そういう時代がいつかは来るのでしょうか?

HID バルブ交換して数日後、突然片側のライトが点かない。

左右のバルブを交換したらバルブは切れていない。

ついにHIDのユニットが故障。

そんな訳で通販で購入。いまは中国から直送で自宅まで配送

されて注文から届くのに10日間位かかったかな。

当面、昔の電球に戻して使用したが今一の雰囲気。

年明けの20日過ぎに届き無事交換して元の状態に復活。