就活生に贈る

前ページに戻る

「中ちゃんですが、何か」本舗のトップページ


「アルバイトは金の鍵」



就活する上で一番大事なのは

アルバイトの経験だな

働くことで社会における組織や

自分の立ち位置から多くを学べる。

その体験は参考書や経験話を聞いても

本当の意味で理解できねえ。

自転車の乗れねえ奴が

専門書や話の上手い奴から

乗り方を口頭で教わっても

乗れねえだろ。まさに体験じゃねえと

伝わらねえことが存在するんだよ。

体験しなければ学べない多くの事を

会得することができる。ただし。

何も考えずに働くだけでは

何もつかめねえ。

そのバイトで将来の自分を決定付けてしまう

大事な素地や基礎ができる。

この基礎がいい加減だと社会の変な癖がつく。

就職をした時にこの癖が問題になる。

いいかげんな基礎に上に企業で大事な骨格を

載せようとする。

しかし、基礎がいいかげんだと載らねえんだ

どうなるか。

社会に上手くなじめねえ、嫌になって会社を辞める。

転職につぐ転職をする渡り鳥人生になる。

そうなりたくねえだろう。

幻の会社を探して社会の中を放浪する。

ガンダーラか?

そうならねえ為には

バイトを単に時給の金をもらうだけで終わらせねえ事

毎日、時給分は勉強の場だと捉えて「1日1件」でいい

自分が社会に出た時に利用できる事を見つける事

どんな小さな事でもいい

常に新鮮な目でみれば働いた回数だけ

みつかるんだよ。

その数があなたが社会に出て経験する様々な壁や問題

これを乗り越えたり、打開する。

大切な金の鍵になるんだ。

そう考えば鍵は多いほどいい

これを社会では機転が利く奴だと言われるんだよ。


この差が出世する奴としねえ奴の差になる。

学校でも勉強できる奴できねえ奴の差が評価されるように


同じ時期に入社しても、企業でも人事評価がある。

その結果、給与やボーナスに差が出るんだよ。

入社した同期でも出世する奴しねえ奴

どれだけチャンスを物にするかの差だよ

結果が出せるのと同じくらい

上司から好かれるか、嫌われるかだよ。

会社なんてそんな塊。

従順で上司の言うことを聞いて結果を出せる奴

そのスタートラインが「ア・ル・バ・イ・ト」





「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ


就活生に贈る 前ページに戻る