「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

DIYコーナー のページ


Nander-korya(ダイエットマシーン)の製作  

・先日の健康診断で糖尿病検査のHbA1cの値が「6.5%」基準値の「5.9%」を

超えており、要精密検査が必要とのこと。早速、病院で栄養指導により1日

1600Kcalの食事制限、9月13日より開始して3週間で4kg減。ここから先

は運動を増やす方向で歩きINGも以前より増やす。そう言えば30代よりこれ

が効くと聞けば色々なダイエットを試みた。その歴史を振り返ってみた。

最初は「りんご酢」を大量に買って1日1杯飲む。元々、酸っぱいもののが苦

手で数日で飲まなくなる。

次にはサプリだ。体の脂肪が抜ける。痩せると聞けば様々なものを飲んだ。

しかし、暴飲暴食の生活で変わるわけがない。

やはり、運動をして基礎代謝をあげる対策としてダイエットマシーンに興味が

向き。最初はバネ式の腹筋を強化するローラー。膝をついて両手を伸ばして

このローラーを転がす。バネが入っているので戻る際の負荷は軽減されるが

夢中になってやったりすると筋肉痛や仕事の忙しさにかまけて中断。
・いつの頃だろう。毎日、遅くまで残業が続いていたせいもあり、外を歩か

なくても室内で歩いたのと同じ効果がある「スカイウォーカー」って言う名前

の器具を購入。

これは手を前後に動かすと足を載せたペダルが前後に動く。カウンターが

ついており、歩数や消費カロリーが表示されるので結構続いた。

しかし、使い込んでいくと前後に動く支点の可動部から「キィー、キィー」って

動くたびに甲高い音が出る。分解してCTC-556やらグリス等を塗ったりする

のだがすぐに音が出る。おまけに摺動部が熱くなる。

仕事を終えて帰宅後の夜遅くやっていたが音が出るようになった為に使用

しずらくなった。よくよく取扱説明書を読むと耐荷重約80kgとあり、当時は

かなりオーバーしていたので可動部が加熱し摩耗により音が出るのも無理

もない。機械の耐久性をテストしているようです。
・次に家内の実家で使っていなかった「自走式のルームウォーカー」を頂いた。

これはムーンウォーカーと違い、歩行面のベルトを回転させるように歩く感じで

室内にいながら歩行ができる。しかし、どれだけやっても景色が変わる

わけでもない。ま、それはそうなんだが。目標もなくやみくもにやっても中々、

体重が減るわけもなく、自然消滅。これをやっていると昔、子供が小さいこと

に飼っていたハムスターを思い出す。ハムスターのゲージには運動をさせる。

ハムスターは偉いよ。ずっと続けてやっているのだから。

その後、半年位だろうか、友人の誘いもあり、ジムに入って頑張っていたが

忙しさにかまけて中断。
やはり家でやれるダイエットと考え(ま、めんどくさがりです。)

通販のテレビで見たボートを漕ぐようにして足や腹筋を鍛えるダイエット

マシーンを購入。

これは下の写真のお姉さんのように上部のレバーをつかみ、手前に引く、

それと同時に座面が後退して足を伸ばすので足の筋肉と腹筋に負荷が

掛かる仕組みだ。

負荷の発生はオイルダンパー式で負荷を調整できる仕組みになっている。

更にカウンターがついており、回数や消費カロリーがリアルタイムで

表示されるので目標や達成感はある機械だと思う。
・ただし、この機械の唯一の欠点はオイルダンパーにある。

長時間、連続使用しているとオイルが充填されているオイルダンパーが高温に

なる。熱いだけならいいのだが徐々にオイルダンパーよりオイルが滲んで出て

くる。オイルが少なくなることで更にダンパー温度が異常な熱さと負荷が高ま

る。オイルダンパーは素手では触れない温度になってしまう。

そのまま使用していけば、焼き付きを起こして使用できなくなる。

使用感としては徐々に前後に引く負荷が軽くしても重くなった。たぶん、

オイル漏れで摺動部に負荷が掛かる状態になった。

実際に前後に動かしにくい状態になり機械は物置で休眠となる。

デブが使うとなんでも壊れる?
・次に買ったのは足を乗せて左右に開いたり閉じたりすることで内転筋(太ももの

内側の筋肉)に効果があるダイエットマシンです。

ただし、内転筋を鍛えても大きなダイエット効果には至らず。1分で7kcalくらい

のようです。この機械はさほど広い場所は必要としませんが、足を載せた左右

に動くプレートが外のガイドに当たり、内側に足を閉じると内側のガイドに当

たる。音が出ないように衝撃ダンパーがついているのですが巨漢の私が使うと

それでも音がでるので遅い時間は使用できませんでした。(あくまでも私の感想)

・そして、いよいよ話題のワンダー・コアの購入も考えた。

しかし。

これまでに様々なダイエットマシンを購入したが長続きしない。また、体重が重

すぎて機械が耐えられない事もある。

ワンダー・コアを買っても過去の機械と同じ運命をたどる事は火を見るより

あきらか。そうは言ってもワンダーコアには興味があり、ホームセンターに行

くと展示品で何度か使用してみて、その結果、物足らない部分も感じていた。

そこで今回、「オリジナル ワンダー・コア」の製作を決た。

どこまで近づけるか。いや、耐久性を考えないと。
・今回は物置で休眠しているボートを漕ぐタイプのダイエットマシンをベースに

して改造を検討。また、本物のワンダーコアは強度的に不安を感じた。

体重が重い分、しっかりした強度で、バネの負荷も可変できる。また、カウ

ンターを利用して回数やカロリー表示もあると便利かな。また、可動部分は

音が出ないよう対策を図る。設置は自転車小屋。屋根もあるので雨天でも

使用可能。部屋におけばやがてじゃまになり、片付けることになる。

もったいない精神がイメージを膨らませる。

材料は基本再利用とし、部品代で3000円以下を目標にスタート。

・最初にワンダーコアは膝ほどの高さが必要なので家にあった足場パイプ

(軽量で丈夫)なのでこれを金のこで切断。

1本切るのに最低10分は掛かる。1時間くらい掛かり、ようやく切ることが

できた。

カナのこ作業自体が既にダイエットかも知れない。
・次に足場パイプを固定するジョイントとそのジョイントをカバーするものを

購入。

・組立を行う。足場パイプと自在ジョイントは高さも可変できるのでとりあえず

は50Cmの高さで組み立てる。

このジョイントの便利さはいつでも簡単に前後の高さを調整できるので腹筋を

する上での傾斜の角度変更により楽にもきつくもできるところです。

・ジョイントのネジを締めたら上からカバーを掛けて、穴の見えるパイプの端

には蓋をするとこんな感じになります。

これならばむき出しの突起部が隠れるので身体が触れても痛くないし、

怪我もない。


・とりあえず、高さを合わせて固定。

次は一番重要なバネを固定するユニットの改造です。

・今回、一番悩んだのは家族全員が使える為にバネの強さが可変できること。

そして近い将来、より強い設定が必要になっても使用できることを想定した。

ま、そこまで使うのかはなんとも言えないが・・・。設計上では想定をした。

また、大きさも狭い場所で使用可能で幅で60cmの空間があれば可能です。

   ・骨格がほぼ完成。

倒れる面は背中に当たるのでその骨格にクッション材を巻く予定。

実際に引越しや荷物の搬入や搬出でコーナーに巻く緩衝材が一番安い

クッションになりそうなのでそれを購入し背面の横棒に巻く。

見た目はイマイチだが緩衝材としての目的が果たせれば問題はない。


・写真ではわかりづらいのですが、上段2本、下段3本のバネの設定。

下段のバネは最大に伸びる位置での張力を担当し、上段のバネは倒れはじめ

から中くらいの位置での張力を生み出す設計にしました。

この設定ができるまでには様々な状態をテスト。ゴムひもや色々なタイプの

バネを試しましたが、エキスバインダーのバネが一番よかった。

設定ポイントで絶妙な張力を継続的に引き出すことができました。

・今回、オリジナルとして工夫した点は現状のバネの2段設定だけでなく、

近い将来、更に強いウェィトが必要になった時にも使用できる機構をつけた。

これは後方に倒れるユニットにワイヤーがつながっており、後方に倒れると

ワイヤーが引っ張られて重りを持ち上げる。実際に10kgの重りを使用して

テストをしたが問題なく使用可能。ワイヤーの耐荷重は70kgなのでかなり

ハードな腹筋強化のマシンになる。ま、そこまで必要な日がくれば・・・

の話だが。(後に書いたが意外と早く必要になった)
・そんなこんなでワンダーコアでなく、「なんだーこりゃ」(Nander-korya)

完成です。

基本ユニットはボートを漕ぐダイエットマシンと足を左右に開き、内転筋を鍛える

ダイエットマシンの部品を流用、更にはエキスバインダーのバネやら足場パイプ

、背中に当たるクッション材も工夫して完成しました。

強度は申し分なく、1時間テストをしましたが背中も痛くならず特に問題はありま

せんでした。

最終費用は部品代だけで4000円程度。但し、それまで買ったダイエットの機械の

部品の流用が大きい。

すべての材料購入から組立やテストなど時間も考えるとワンダーコアを購入した

ほうが安いと思います。

今回は眠っていたダイエットマシーンの部品を再利用することも目的でした。

組立や完成に至る時間は様々組立とテストで約2日。調整と更に改造で2日。

設計から製作まで最終的には丸4日掛かりましたが、満足を得る完成度になりました。

途中で思ったバネ圧力や納得できる機能が再現できず苦労しました。
・また、ボート漕ぎのダイエットマシーンについていたカウンターを流用して

腹筋の回数をカウントできるようにしました。

カウントは確実に倒れると1カウントされるよう近接スイッチによる動作です。

ま、数えられないほど腹筋ができるわけではありませんが・・・。

カウンターが必要なくらいに腹筋ができれるよう頑張ります。
・見栄えは商品ではないのでいかにも自家製のダイエットマシーンです。

当初の設計通り、室内ではなく屋根ある駐輪場所に設置。外でやるのか?って

話もありますが家の中ではじゃまになり、片付けられてしまう。外ならばいつでも

使用可能。ま、やる気の問題ですが。

本来ならばここで使用している写真を入れるのですが、お見苦しい体型なので

割愛しました。

これでどれだけ身体が鍛えられるかは今後の私を観察してください。

その段階で掲載できるような写真が撮れましたら掲載をしたいと思います。

このダイエットマシーン製作を真似をされる方はいないとは思いますが、設計上、

高さや傾斜、デブでも耐える耐荷重やバネの固定には一番工夫をしています。

くれぐれも自己責任で作ってくださいね。




平成27年年10月25日(日) 重りを追加しました。

・約2週間(毎日ではないが)使用してみると徐々に倒す時のバネの重さが軽く

なっている感じがする。

そこで空になっていた車のウインドウオッシャー液の容器に水を入れたものを

ぶらさげて倒れるバネ圧を増加させた。中々、良い感じの負荷になりました。

固定もしやすく、廃棄物の利用ができました。

今後、更に重量を増やす為にジムで使われる上下に動く四角い重りがあるが

自前のウエイトユニットを追加しようと考えている。

現在、食事制限1日1600kcalとこのNander-koryaにより1ヶ月弱で体重が

5kg減に成功!

更にダイエット進行中。

目標は最低20kgかなー。欲を言えば30kg。昔の状態を目指しています。


平成28年2月21日現在 体重−9kg減 停滞期? 
 腹筋は500回に
増やし、上腕筋の運動を強化。体重は変わらないが2月20日に血液検査の結果、
今まで異常値だったコレステロールや尿酸値などすべてが標準値の範囲に戻った。
今年は更に10kg減を目指す。