何でも修理コーナー 戻る


「中ちゃんですが何か」本舗 トップページ 

カーコンポの交換をしてみよう!

・最近、家内の車のCDコンポだがCDから音が出るのに時間が掛かる。

とのこと。

「ま、CDの読み取り用のレンズ汚れだろう」。とりあえず、湿式のレンズ

クリーナで数回クリーニングをしたが症状は変わらない。

新品買うか?

たまたま、別な車に載っていた1DINのMDコンポとCDチェンジャー

が休眠中なので数年ぶりに再利用することにした。
・以前使用していたコンポの背面を見ると、コネクター付近で線が切ってある。

「あちゃー、ま、外す時はこんな感じでニッパーでパチパチと。しまった。

コネクターから用意しないと繋がらない。

そんな訳で通販で部品の手配。部品が来る迄に機器のオーバーホール。


そうそう、とりあえず、MDコンポとCDチェンジャーを分解してレンズをクリーニ

ング液を浸けた綿棒で清掃。MDやCDチェンジャー可動部にはシリコングリス

を塗布。

2時間位かな、室内でMDとCDの音だしテスト完了。

このコンポで古いMD、CDを聞くと当時の思い出が蘇りますねー。
・ま、昔に浸っていても仕方がない。次の準備をします。

今回の車両は三菱コルト、三菱車専用の接族ケーブルが必要。

そこで三菱車コンポ接続用のコードをネットで注文。

1200円位でした。



・コネクター内の接続に使用するF40端子メスを用意、1個20円位です。

今回は電源で2本、スピーカーがフロントL.R、リアL.Rで8本 計10本

使います。計200円。

根元から切ったコネクタ内に残っているF端子を抜いておく。

抜く上でコツがあります。引っ張ればとれるようなものではありません。

この端子に線を圧着してコネクターに差込ます。更にコードの反対側は

ギボシ端子をつけます。

・ごちゃごちゃしたコネクターの製作風景はは飛ばして、取り付けるコンポ

に変換用のコードを接続した様子の写真です。


ここまでくれば後は車に付けるだけ。

・料理の番組で時間の関係で既に途中までできたものを用意した感じかな。
・気が付けば、既に車の分解途中。また、写真を撮るのを忘れた。

ま、コルトのオーディオ周辺の分解はまずダッシュボードのカバーを

ドライバーで持ち上げて外す。

次に上に見える?ネジ3本外して、木目のサイドカバーを取るとこんな感じ。


木目のサイドカバーを外すとネジが左右に4本づつ出てくるので全部外す。
・全部のネジを外して 上の方より手前に開く。

バザードのコネクターがあるので外します。

次にがバーっと上の方より手前に開きます。

そうすると簡単についていたコンポが外れます。

・そんな、こんなで入れ替えたコンポを取付、背面の配線、電源とスピーカー配線

それにラジオのアンテナを差すのを忘れずに。

今回はCDチェンジャーのオーディオケーブルとコントロールケーブルが背面に

差します。
・とりあえず、付けてみた。

両サイドが前についていたコンポより幅がない・・・。

今は亡き、骨董品、 ソニー「MDX-C5400」 。外すまでは動いていた。

若い人はソニーがカーオディオを作っていたことすら知らない時代になって

いるんだろうなー。もう、オークションでもソニーのカーコンポはめっきり見なく

なっている。そのうち、「なんでも鑑定団」で骨董価格がつくのではと・・・。

・仮にサイドの木目パネルを付けるとコンポとサイドパネルに隙間ができる。

いかにも素人、センス良くつけたいですね。

いろいろ考えたあげく・・・。
・ジャジャーン!!

隙間には100均で木目を印刷したシート(裏面には接着面がある)を購入。

下側には厚手で固めのスポンジを加工したものをはめ込み、その上に木目の

シートを貼ってみました。

ま、とりあえずはこんな感じです。

中々、良い音でMDとCDを再生することが出来ます。

音質も当初ついていた純正のものより高音、低音が広がりました。

あ、CDチェンジャーの写真を撮るのを忘れてしまった。


そのうち、載せます。そうそう、今回の交換は実質1500円で完了。

と言っているそばから問題発生。 ラジオが聞こえない。

あちゃー、アンテナ線をきちんとコンポにつないでないのか?

AM/FMのチューニングをしてもノイズは出るが音は出ない。


せっかく、組み付けたものをまた、分解、アンテナを再確認して組み上げる。

しかし、症状は変わらず。本体のラジオ故障でした。

ま、年代物ですので多少問題はあるかと・・・。


そんな訳で慌てて2DINのCD/MDのコンポをオークションにて2000円で

落札。来週末は第2弾、壊れたコンポの交換で分かったラジオ故障。

ま、とりあえずはCD/MDが使えるので1週間はよしとしよう。


何しろ、今は亡き、ソニーのコンポが復活して可動している。

年老いても活かせる場所、方法はあるんじゃないかなー


今日の格言!


「全盛期は過ぎたが、「最後の花道」は人にも機械にも合っていいんじゃ、

ねえかなー。何しろ、同じ時代を生きてきた相棒だから。」

・ここでこのホームページの宣伝コーナーです。                         

連続、小説:「ご先祖様ですが、何か」第3章 好評掲載中!

トップページに戻り、そちらからお入りください。

「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ