「何でも修理コーナー」  戻る

「中ちゃんですが、何か」本舗  トップページ



nexus4 内蔵電池交換



最近、私のスマホの電池の持ちが悪くなり、あまり使わなくても夕方は

20から25%の残量になる。更にひどい時は電池切れも多々ある。

機種はnexus4。この機種のメリットはいちいち、充電ケーブルを

本体に挿さなくても、この台の上に載せて置くだけで充電ができる。

国際標準規格でQi(チー)と呼んでいる。

いわゆる「ワイヤレスチャージ式」で電磁誘導コイルによってスマホに

充電ができるようだ。仕組みはわからねえが。

いつの頃だろう。携帯がだんだん防水力を高めるのが主流になって

多くの携帯は専用ホルダに置いて充電できたものが、いちいちゴムの

防水カバーを開き、充電コネクターを差し込む毎日。

当然、防水カバーの開閉部は負荷が掛かり、2度ほど

防水カバーが切れて交換をした。その時期、アップルのスマホに

毎月、7,000円出して毎日充電ケーブル接続か、価値がわからん。

ま、アップルファンもいるのであくまでも「私、個人の意見」です。

この機種は月3,000円でありながらいちいちケーブル接続なし

電話とメールが出来れば通信速度?田舎の方では都内のように

無料高速接続できるサテライトもないしねー。宝の持ち腐れかな。

これも「私、個人の意見」です。

最近、ようやくアップルも置くだけ充電の機種を出してきたようだが。

とりあえず、Amazonでnexus4の電池を買う。

おまけの分解工具もついて2150円だった。ここからは「寅さん風に

書いてみた。電池交換をショップに依頼をする想定で。

「ショップにスマホの電池交換お願いします。」と頼むとするだろう。

そうするとベニ、おしろいつけたショップのお姉さんがマニュアルに

ある項目を見て「この機種ですと開けてみないとわかりませんが

15000円から20000円程度掛かります。」という訳だ。

新しい機種を買う金もなければ修理しかねえ。

ま、修理依頼書にサインをして代替え機を渡されてけえるんだな。

どこの馬の骨が使ったかわからねえ代替機だ。使えるか?

数日後には代替機の電話が鳴る。

出るだろう。そうすると丁寧な口調の女性の声だ。

すぐに携帯ショップの娘だとわかる。

だいたい、お前の携帯には女からは掛かってこないからな。

「先日、お預かりしましたスマホの電池交換が出来ました。」

そんな内容の電話だ。

そそくさとスマホを取りにショップに行けば、ニコニコしたお姉ちゃんが

いる。すぐに向こうはわかる。何しろネギしょったお得意様だ。

すぐさま、預かっていたスマホはベルベットの生地を貼ったトレーに

並べ、その傍らにはさりげなく請求書がこちら向きに置いてある。

スマホは上等なクリーニングが施してあり、一見新品に見える。

しかし、よく見れば自分が付けた傷などがあるのですぐに自分の

だとわかる。そこには電池交換代 15,000円。事前に言われて

はいたが、15,000円だ。え、それに消費税か。

ま、20,000円位掛かる話もしていたから5,000円も安く上が

ったと一瞬、思うんだな。

しかしだ。実際に財布から金を出す。諭吉と一葉が消えてゆく。

そこに今は消費税だ。何か消費したか?

更に野口英世 先生まで消えてゆく。

ま、野口先生も泣いてるよ。

でも、自分でやれなきゃしょうがねえ。

金を払い、代替え機を返して店を出る。テッシュ1つもらえる訳じゃ

ねえ。まだ、駅前に1日立ってみろ。テッシュの1個や2個は

手に入る。

帰りに思うんだな。15,000円だ。飲み会ならば3回は飲み放題

プランで楽しめた筈だ。それが電池交換でぱあ〜だ。

たかだか2000円の電池だぞー。ぼったくりに会った気分だ。

みんな、お姉ちゃんがもらえるならそれはそれで笑顔提供料だ。

ま、清水の舞台から飛び降りたと思えば諦めもつく。

しかしな、電池交換代は販売メーカーと修理を請け負った会社

が儲ける。野郎らのキャバクラ代を出したようなものだ。

姉ちゃんたちには修理手数料位しかはいらねえんだぞ。

ここまで聞いて自分でやらねえって手はねえだろう。

ドライバーがあれば誰でもできる。簡単な作業だ。

これを読んだら自分でやりたくなる。

それでなきゃ、この記事の意味がねえ。

おっと、時間が来たのでまた、分解はまたの機会に

次回までのお楽しみってことで。 


大変、おまっとさんでした。本日、ようやく、分解編になります。

性格的に細かな性格の人はここは参考にしねえほうがいい。

何しろ手順もはしょるはしょる。本当の詳細を知りたければ

インターネットの検索で「NEXUS4 分解方法」とかでぐぐれば

丁寧な分解を解説しているサイトがたくさんあるってことよ。

まずは下面のネジだ。六角ネジこれを外すにはT5の六角ネジ

専用のドライバーでないと外せない。
そうそう、電池についてきたおまけの道具、六角ネジ用のドライバー、

5角ネジドライバー・・・使いもんになりません。いやー、ドライバー

の形をしているがネジに合わないだけでなく、ドライバーの先端が

尖っていて糞の役にも立ちません。先端をグラインダで削りました

が、全く使えない。

ま、そこは大人所詮、「おまけ」ですから。

「燃えないゴミの日」にさようならしました。

とりあえず、スマホを上下を外すとこんな感じ。

開くのは左上の前の写真にある青いプラスチックのレバー

少しづつ開きます。慌てないで頑張れば開きます。

そうそう、写真左上に写っているのは「SIMカード」で

これを最初に抜いておくこと。

そうしないと「SIMカード」のケース下よりの淵が割れます。

電池を固定してるネジを外して電池を取り出す。

そうそう、電池は強力な両面テープでひっついてるので

端のほうからマイナスドライバーで少しづつ剥がすような

要領でとりだす。

そうそう、電池の右側にアンテナ線らしき細いコードが電池に

テープで貼ってあるので先にこのテープを外しておく。

外さないとコードの上側のコネクターが抜けてしまいます。

ま、あとからコネクターは差し込めばいいのだが。
電池のコネクター固定ネジを戻す。これは精密ドライバーの

プラスネジです。

結構、この金属プレートの裏側に小さなコネクターがあるのでそれを

もとのように差すのに気を付けないとコネクター破損に

気を付けましょう。

分解して二枚になった上下の部品をハメ合わせて下部のネジを

締めて完成だ。

さて、新品電池に復活だ。

何回も言うが、これで2,000円也です。

あ、T5のドライバーは600から800円で買えます。

ない方はこの機会に用意しておきましょう。

ま、このT5ドライバーはスマホの分解しか用途がないけどね。
元の状態に復活。
そうそう、電池が無くなるのは色々ソフトを入れるとGPSを駆使して

携帯が位置情報を使い、JRの電車情報やら何やか、カニやらで

水面下で勝手?ま、便利な情報提供の為に電池を使ってます。

今回、電池交換の際に今まで無駄に通信していたものを停めま

した。

必要最小限であれば電池も長持ちするって事です。

同僚のT橋さんも(NEXUS5使用)使わないときは電源を切るって

言っていました。

私も仕事中は電源を切って様子をみたいと思います。