何でも修理コーナー へ戻る

「中ちゃんですが、何か」本舗 トップページ

掛け時計の修理

・最近、台所の掛け時計が止まる。んー、電池切れ?と思い電池を変えても

止まる。

そこで「えーい、分解だ。」と思い、分解してみた。
裏面の時計をコントロールしているBOXを開けるには製品によるが安い時計は

嵌め込みで少々、高いのはビスで止まっているので「よーく、プラスチックの周囲

を見て判断してください。そして嵌め込みだとわかれば、マイナスドライバーで

少しづつこじ開けるようにして蓋を取る。あまり、力を入れすぎると中の歯車ま

で飛んでしまいどんな構造で歯車の位置もわからなくなるので要注意です。

あくまでも分解は自己責任で。開けるのが失敗してカバーが割れたるすれば

復帰は困難になります。

開いたらコントロールする基盤を調べてみることにした。

これがコントロールをしている基盤で電池からの電源を基盤に流す為に固定して

いる両サイド上の□の部分が緑青が吹いており、どうやらこれが時計が止まる原

因のようだ。

はんだ付けし直して組み立てる。
組み上げてた所。プラスチックの歯車が小さいので元の場所に戻すのは一苦労だ

がなんとか収まった。
組み上げるポイントは表側の「長針、短針、秒針」が何時でもいいのだが時報の

ように12時で「長針、秒針」を重ね合わせ、「短針」を1から12の数字の

いずれかにピッタリ合わせる事。これが合ってないとなんとなく、時計の

指す長針、短針の位置が変?に感じます。
組立完了。
復活です。