ぶらり探訪 大雅ラーメン 羽生市 
平成27年11月8日(日)


・ダイエットを開始して約50日、カロリー制限や運動などで体重は5kg減

まで進んだ。

今日は今まで食べたいものも我慢して今日まできたご褒美。

自分の中では一番好きなラーメン店に行って来ました。

羽生市にある大雅ラーメンです。

ここは若かりし頃に趣味で札幌ラーメンを食べ歩きをしていました。

多くの店の中で自分にとっては二番目の純連「すみれ」の味に衝撃

を受けました。

当時の一位は札幌狸小路にあった「富公」というラーメン屋でした。

店には白い大きな犬がいて頑固な親父さんがやっている店でした。

メニューはなくて会計も確か、かごがぶら下げてありそこに客が入れて

帰る。そんな店なんだがいつも多くの客で賑わっている。

見た目は醤油の色合いの普通のスープ。しかし、一口含んだだけでガツン

とくる味噌風味の醤油仕立てのスープはすごい。

最後の一滴までスープを飲み干せる味。

印象的な店でした。いままでこの味を超える店には出会っていません。

その後、富公のご主人は亡くなってしまったのです。ネットでは幻の店だと

言われているみたいです。誰もが認める味だったのでしょう。


そういう訳で今は純連「すみれ」が一番になりました。

・その後は中々、食べに行く時間も金もない。そんな時に横浜に

ラーメン博物館ができそこに札幌の純連「すみれ」が出店、関東圏

ですみれの味に再会を果たせた感動でいっぱいでした。

実はこの店のご主人は羽生市出身で札幌本店のすみれと、ラーメン

博物館に初出店した時代のすみれを、立ち上げから2年間店長を任された

方です。

札幌にある「すみれ」のDNAを受け継いだ正統派の純すみ系のお店です。

ここの味噌は札幌より取り寄せたものを使用しているとメニューにあります。

結城の自宅から1時間40分掛かる羽生市ですが札幌すみれを食べる

つもりであれば近いです。
・スープは濃厚な味噌味です。サッパリ系の好きな方には味が濃い印象を

受けるかも知れませんが、厳寒の札幌で食べると最後の最後までスープの

温度は下がらずに頂くことが出来ます。そんな場所だから濃厚なスープを

売りにしているのかも知れません。

そしてなにより、また食べたくなる。くせになる味です。

札幌のすみれと同じかと言えば若干、こちらのほうが若干マイルドな味の

仕上げです。

いやー満足、満足。また、ダイエットで10kg減を達成したらこのラーメンに

明太子ご飯を付けて食べたい。これがまた、味噌ラーメンと合うんですよ。

さあ、また明日からダイエットを頑張ろう!!