「中ちゃんですが何か」本舗 トップページ

DIYコーナー へ戻る



お風呂シャワーユニットの交換

お風呂のシャワーユニットも20年が経過、徐々に水量や微妙な調整も厳しくなり、近いうちにシャワー

ユニットの交換したいと考えていた。これを業者に依頼をすれば工事費込みで平均5万円位はかかる。

部品の購入を検討、ホームセンターでTOTOの同様の製品は3万円前後はする。やはり高いなーと思い

躊躇していた。たまたま、ネットを見ていたらなんと2万円のシャワーユニットを発見し手配しました。

年内最後のDIYかな?。



現在のシャワーユニット。ユニットバスに入れ替える時に標準で

ついているもの。

数年前にはこの中の温度センサーを交換したが水量が変わらず。

シャワーヘッドを水量が少ない省エネ型にしたが時間当たりの水量

が少ないので結局、すすぎには長い時間がかかる。

そんな訳で交換開始。
まずは水道の元をメーターの所で止めます。

これをしないと大変なことになります。
温水と給水の供給側を外します。

裏側は錆びだらけ。ま、見えない場所なので見なかった事に。

台座のナット24mmを外すのに必要な専用の冶具です。

これがないとナットが簡単に外せません。

モンキーやプライヤーでチャレンジしたが歯が立たない。

結局、ホームセンターで購入、1300円でした。
このナット外しで台座のネジを外します。

専用冶具だけあって簡単にナットが回ります。
台座のネジを外して古いユニットを外します。

このTOTOのシャワーユニットは温水、冷水の入り口側のパイプ

距離の間隔が変更できるのものを選びました。これなら事前に測

らなくてもOK。

専用冶具でナットを固定。

配管を接続する。
更に上部のユニットを取り付ける。

TOTOはこの台の下側の中側に丸いものが見える。それが温水

や冷水の流量を制御するネジ。このネジを締めてその外側のナット

を回せば中からフィルターがあり、水量が落ちたらこれを開いてフィル

ターを掃除すれば流量は復活。以前のシャワーユニットにはそれが

背面にあり、後ろの壁面との距離が短く開くことが厳しい。

メンテナンスには非常に難儀な構造だった。

さすがにTOTO製品です。メンテナンス性は高い。

蛇口とシャワーケーブルを取付ける。

そして台座の後方を付けてから手前の蓋を固定する。

シャワーユニット台座周りの前側の蓋をして完成。

嵌っているだけなので非常に簡単に開きます。
シャワーユニットも全部入れ替わり、雰囲気が良くなりました。

約1時間での作業完了でした。

部品と専用冶具代で21,300円で入れ替え完了です。

自分での工事、業者依頼と比較して約3万円も削減できました。

DIYはその時の工事費用削減だけでなく、構造やメンテナンスなど

それを使用する上で必要なことも勉強できますし、定期的にどこを

確認したらよいか、不具合が出てもすぐにわかるようになります。
下回りのパネルを戻し、終了です。

これで年内のDIYは最終になります。

シャワーユニットもきれいになったので

今日はゆっくりとお風呂に入りましょう。

後日談:シャワーの勢いがすごい。最強にするとまるで滝に打たれ

る信者のような感じです。打たせ湯だ。