「中ちゃんですが、何か」本舗 

DIYコーナー


キッチンの照明器具の交換

自宅が築30年を超えて電化製品も次から次へと寿命がきて新たな電化製品に入れ替わってきた。キッチンの照明器具、これも新築当時に

取付けた器具で直管の20W蛍光灯の3本立て仕様。当時はこのような器具が主流で器具からひもが下がり、プルスイッチにより3本、2本点灯

そして常夜灯の切り替えができる。

器具自身はまだ壊れてはいないが、いい加減30年選手、内部のトランスやプルスイッチの接触部の劣化も進んでいるだろう。LEDの照明に

切り替えは前から考えていたが12月になりLED照明も手ごろな金額のものが特売で出ていたので今回はこの器具を取付ることにした。



キッチン天井に付いている30年使用してきた器具です。

蛍光管は寿命が来るたびに交換してきた。ただ、内部のプルスイッチも寿命がきてたので

ひもを外して壁のスイッチだけでON,OFFをしてきた。

30年経過したが見た目には差さほどでもない。
器具を取り外し。この当時の器具は現在のシーリングが主流に比べて直接天井取付は

ビスでの固定。従って電源も器具内にあるー電源用のターミナルに固定をするタイプ。

そこで今回、電源専用の天井固定用のシーリングを購入しました。
シーリング中央には電源を固定する穴がある。この穴にFケーブルを奥まで差し込めば

接続完了。
こんな感じでOKです。

シーリングを附属の長ビスで固定をします。

箱から出したシーリングライトです。

価格は2980円、爆安でしょう。ホームセンター最後の1個です。

通常5000円から1万円てとこでしょうか。
カバーを開くと薄型のLEDの部品が並んでいる。

非常に軽量で薄型になった。

LEDも以前のような蛍光管を意識した構造ではなくプレートに直接LEDのユニットを

並べて固定している。まさに無駄のない回路設計だと思う。

実際に天井に取付をした。と言ってもシーリングに合わせて引っかけて回転して完了。

カバーを取り付ける。

附属のリモコンをリモコンホルダーを壁に取付けて完了。
白さが際立つLED照明。

省エネだけではなく、LEDは虫の嫌いな波長で紫外線が出ない。虫は紫外線を頼りに

やってくるが、この紫外線がなければ近づかない。との原理のようだが、居間のLED照明には

やはり夏に虫がくるし、すべての虫が紫外線を頼りにしているわけではない。

熱を感知して使づく蛇や、汗などの体臭等を感じて飛んでくる蚊なんかもいるのですべての

虫に万全でもない。とりあえず、省エネと明るさは改善されました。